2015.08.31更新

a.左手を内旋させて柱をつかみ、右股関節をドローイングしてヒップファーストの体制をつくる。
ヒップファーストの練習 その1

 


b.エイミングをしながら30度の角度で左脚を後方に上げて骨盤を開かないで並進運動を行う。この時オフバランスの感覚を意識して左脚を自然落下させる。
ヒップファーストの練習 その2
ヒップファーストの練習 その3
ヒップファーストの練習 その3

 

 

c.自然落下ができずにバランスを保とうとしてしまう場合には、始めから後方に軸足を向けてバックステップを行います。かかとで地面を押すために、軸脚が曲がることなくオフバランスの感覚がつかみやすくなります。
ヒップファーストの練習 その6
ヒップファーストの練習 その7

 


d.実際の投球で意図的にアウトステップを行い、ドローイングの方向と一致させることで並進運動を楽に行えます。右肩を直線的に引き出すために左肩の後方への引き込みと体幹の回転運動がより行いやすくします。
ヒップファーストの練習 その7
ヒップファーストの練習 その8



追記
平成21年12月24日講演した内容をかなり要約したものとなっています。
質問のある方はメールや夜間トレーニングの時間に来ていただきご説明いたします。

投稿者: ベースボールクリニック 北城整形外科

2015.07.01更新

こちらで「野球日誌」を更新いたします。

投稿者: ベースボールクリニック 北城整形外科

前へ
選手の未来を見据えた 野球選手の治療 障害予防 野球選手のトレーニング 怪我や痛みの診断・治療 一般整形外科 怪我や痛みのリハビリ リハビリテーション科 しみ・しわ・ニキビの施術 美肌・脱毛 通所リハビリテーション デイケア 北城整形外科の紹介 野球日誌