野球選手への治療

野球選手の治療とトレーニングなら
ベースボールクリニック 北城整形外科へ。

野球選手のための整形外科

北城整形外科は、「ベースボールクリニック」というコンセプトを掲げ、子供から大人まで、野球選手向けの治療やケアを重視しています。

野球で故障しやすいのは、やはり肘と肩です。
中には早く治したいのに一向に良くならず、いくつもの病院や整骨院を回っている方もいらっしゃるかと思います。

当院は、野球選手の患者さんにとってベストな治療法を提案し、できるだけ早期に回復させるのはもちろん、その後も長くプレーを続けて頂くことを見据えた治療を行っております。

野球選手に多い怪我

野球肘

野球肘は投げすぎやフォームによって起こる肘全般の障害です。

子供は大人と違って骨折しても痛みがあまりありません。
しかしそのまま治療せず放置してしまうと骨がくっつかなくなってしまい、選手生命に大きく影響してしまいます。

痛みが少なくても、いつもと比べて調子が悪い(球速など)と感じられたら監督やコーチ、親など身近な方はすぐに子供に確認するようにしましょう。(診察の仕方も教えます)

そこで痛みや違和感がある場合はレントゲン等の検査をお勧めします。

肘の手術が必要な場合は中部徳洲会病院の手術室にて院長自ら行います。

野球肩

野球肩は投げすぎやフォームによって起こる肩の障害です。

痛みで腕が上がらなくなったり、肩の痛みがありますので、当てはまる方は受診をおすすめします。

(激痛でなくても症状が進行している場合がありますので、少しでも調子が悪いと感じた場合は受診しましょう)

肩甲骨周辺のリハビリを行いますが、治らない場合は手術が必要なため提携の医療機関へすみやかに紹介します。

リトルリーグ・ショルダー(上腕骨骨端線損傷)の事例です。

オスグッド病(オスグッド・シュラッター病)

オスグット病は成長期の子供に生じる膝関節の腱の障害です。

過度な走り込み練習によって発生しやすくなります。
装具療法(サポーターを装着)にて治療します。

オスグッド病の事例

オスグット病に対する装具療法

指関節の怪我

突き指だと思って骨折している場合があります。

腫れがひどい場合や2~3日で痛みがとれない場合にはレントゲン検査が必要です。

指骨折の事例

有痛性外脛骨

外脛骨とは足の土踏まずにある骨で、その軟骨が剥がれて痛みが発生することがあります。

足をひねったり、走りすぎた場合に炎症が起きてしまうことが主な原因です。

有痛性外脛骨の事例

有痛性外脛骨に対する装具療法

足関節の靭帯損傷

度重なるハードな練習や、強い衝撃を受けるプレーによって、足関節の靭帯が損傷を受けることがあります。

単なる捻挫と思わないで、腫れがある場合は早期に治療が必要です。

足関節の靭帯損傷の事例

足関節の靭帯損傷の事例

怪我や故障の種類によってもちろん治療方法は異なりますが、当院では、MRIを必要に応じて使用し、患部の様子や原因を的確に判断し、それに応じた治療を行うことを大事にしています。

治療内容としては、痛み止め注射、関節の動きを滑らかにするヒアルロン酸注射、ギブスによる固定、運動指導などを行い、場合によっては手術を行うこともあります。

外科手術は、これまでに1,500件以上行ってきた実績を持つ当院の院長が、中部徳洲会病院で執刀いたします。

プロ野球選手も来院しています

当院には、沖縄でキャンプを実施しているプロ野球チームの選手が毎年多く訪れています。

運動能力の高いプロ野球選手は怪我の度合いも高く、重傷な状態で来院します。
MRIできちんと検査し、キャンプが続行できるかどうか診断します。

子供が野球をしている親御さんへ

野球の送り迎え、道具を揃えること、その他様々なケアをしていらっしゃる親御さん、いつもお疲れ様です。

当院は、そんな方にぜひ、お子さんの身体のケアもするのも大事な応援だということを知って頂きたいと思っております。

当院が成長期の野球選手を治療・ケアする時に最も大事にしていることは、選手としての将来を潰さないということです。

小学生でも肘を痛める子は多く、中学・高校と進むに連れて投げる球が速くなるため、身体への負担も大きくなり、さらに故障は増えていきます。

アメリカでは監督やコーチが率先して投球数を制限するなどの対策を取っているのですが、日本ではまだ練習量を制限することはほとんどありませんので、せめて親御さんがしっかりと管理をしてあげ、整形外科での検査や治療を行って頂ければと思います。

野球監督・コーチ・保護者向け講演会のお知らせ

日本では過度な負荷や間違ったトレーニング方法によって、小学生や中学生で肘を故障してしまう子供が後を絶ちません。

当院では、そういった子供を少しでも減らすために、医学的な視点で監督やコーチ、そして保護者向けに講演会を実施しています。

大切な将来のスタープレイヤーを一緒に守り、育てていくためにも、故障を防ぐことについてぜひ知って頂きたいと考えております。
ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

選手の未来を見据えた 野球選手の治療 障害予防 野球選手のトレーニング 怪我や痛みの診断・治療 一般整形外科 怪我や痛みのリハビリ リハビリテーション科 しみ・しわ・ニキビの施術 美肌・脱毛 通所リハビリテーション デイケア 北城整形外科の紹介 野球日誌