2015.08.31更新

体幹の回転は意識するだけでは充分には得られません。リーディングアームを効率よく使うことができなければ、体幹の回転不足になり投球腕を前方に引き出すことができなくなる。
つまり、リーディングアームの使い方次第で速球が投げれるか左右される。

 

 

a.エイミング時に左肩の内旋と左肘を後下方に引き寄せ、投球腕の肘も同等に後方に
引き寄せる。胸の張りを確保する。

b.さらに左肘が後方に引かれると、肩の内旋が解除され、広背筋の収縮とともに
体幹の側屈と回転運動が始まり、両肩の回転が開始する。

c.左肩と胸部の境界が回転軸となり、投球腕の前方移動と腕の加速の支点と
なります。

 

投稿者: ベースボールクリニック 北城整形外科

選手の未来を見据えた 野球選手の治療 障害予防 野球選手のトレーニング 怪我や痛みの診断・治療 一般整形外科 怪我や痛みのリハビリ リハビリテーション科 しみ・しわ・ニキビの施術 美肌・脱毛 通所リハビリテーション デイケア 北城整形外科の紹介 野球日誌